Case study

対応事例

HOME > 対応事例 > 電池開発支援 > 破壊試験用密閉容器

破壊試験用密閉容器

用途
セルの破壊試験時に用いる容器。内部へガス供給や、セルへの通電、電位変化の記録を取れるコネクタを設置されている。破壊時の爆発による圧力変化は0.2MPa程度(角型煙突による圧力逃がしも可能)

【特徴】
内部状況が窓から確認可能
破壊タイプの変更が可能(釘差し→圧壊など)
充放電用の電極を取り付け可能

どんな研究や開発もご相談承っておりますので、
まずはお気軽にご連絡ください!