ニイガタの歴史
HOME > ニイガタの歴史

50周年を記念し、当社のロゴを刷新しました。  ロゴはニイガタの象徴として不可侵のものです。

基本的な造形は、ニイガタのイニシャル「N」をモチーフとし、2つの矢印は「課題解決力」と「スピード」の動きを表現しています。

また、「無限の可能性」「無限の成長」「無限の繋がり」の意味も込め、∞の要素を取り入れたデザインとなっています。

BEFORE AFTER

50年前と今のニイガタ

50年前のニイガタと今のニイガタの変化を、「外観」「製品」「工場」「社内体制」の4つの視点から、ご紹介いたします。

外観

自宅兼工場の有限会社新潟彫刻からはじまり、
1999年にニイガタ株式会社へ改組、2006年に現在の横浜市鶴見区駒岡へ移転致しました。

製品

創業当初の工業彫刻業、そして樹脂加工業を経て
設計、製作、実験請負まで行う研究開発サービス業(R&D)と変化を続けております。

工場

創業当時、工業彫刻機を使用し銘板の製作を行っておりました。
現在では、横浜本社や豊田営業所では器具・治具・装置の設計~製作、静岡に拠点を置く、
三島研究所ではお客様の実験請負やデータ採取等幅広く研究開発の需要に対応しております。

社内体制

2009年の経営理念の作成が大きな分岐点となりました。
最先端技術を扱う「研究開発支援」という柱をつかみ、家業から企業へと大きく変化致しました。
ITの導入、残業減、有給増への取り組み、組織化等変化を続けております。

HISTORY

ニイガタの歴史

1971の創業から現在までのニイガタ株式会社の歴史、ターニングポイントをご覧いただけます。

1971
ニイガタ創業
1979
有限会社新潟彫刻 設立
1999
改組 ニイガタ株式会社
2006
神奈川県横浜市鶴見区駒岡(現本社)移転
2013
神奈川県 優良工場認定
2013
京都営業所 開設
2016
特許取得
第6062980号
2017
かながわ中小企業
モデル工場認定
2017
意匠取得
第1579331号
第1594569号
2018
豊田営業所 開設
2019
京都営業所 独立
2020
三島研究所 開設
2020
特許取得
第6712073号
TOWARDS THE 100th

これからのニイガタ

今後のビジョン
PHASE12021-2025
お客様が研究開発に専念出来成果を上げられる、
研究開発におけるサポートサービスの確立
PHASE22025-2030
日本国内の研究開発において不可欠な存在になる
PHASE32030-2040
海外からニイガタに研究開発サポートサービスを
求めて開発案件が集まる
PHASE420XX
世界中の研究開発において不可欠な存在になる

これからのニイガタ

新ブランドの確立

ビジョン達成に向け、研究開発/実験におけるトータルサポートを担う、新ブランドを確立致します。

メーカーの研究開発セクションや研究開発者の業務を総合的にサポートすることにより、本来の研究開発的思考に集中できる環境を提供致します。

研究開発のスピードアップ、そして日本の研究開発を加速及び活性化に繋げて行きます。

これからのニイガタ

SDGsへの取り組み
エネルギーをみんなに、
そしてクリーンに

すべての人が手ごろな価格で質の高いエネルギーを得られるようにするため、クリーンエネルギーの実験開発を積極的に支援する。

産業と技術革新の基礎を作ろう

インフラの整備と技術革新を促進する実験開発を積極的に支援する。

つくる責任 つかう責任

資源効率を改善すること、経済成長させつつ資源の使用は抑えて環境問題の影響は減らすよう、事業運営を行う。

このページをご覧の方に
おすすめのページ